「絹の会」へようこそ

雛段飾り

 

絹の会は伊豆稲取固有のつるし飾り製作工房です。地域の主婦の集まりで、年間を通して製作・展示活動をしています。

ひとりひとりに得意なつるしがあり、そのこだわりは、生地選びから始まります。丹後や奈良、京都など歴史のある地方都市にまで足を運び、作品に見合う古布を探します。めでたい柄、格式のある文様、古くからの織や染めの確かな正絹布を吟味し、この布はあのつるしのあの箇所に使おうと心躍らせて製作します。

出来栄えの違いはそこから始まります。そして、古来より語りつがれているいわれのある飾り作りを忠実に踏襲し、百年先に思いを馳せ針を運びます。